京の旅あれこれ【こしあん本舗】
coshian.exblog.jp
ブログトップ
<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
世界中のお客様 〈その 2〉 ドイツの親娘 と フランスの老夫婦 2話
【第1話  ドイツの親娘】
a0191852_17213668.jpg

                         ケルン大聖堂 〈ドイツ観光HPより〉


H19(2011)/4/5 夕方、無線にて中京区の旅館へお迎え、

慌てて出て来られたのが外人で、
40歳前ぐらいの金髪女性と、とても可愛いいお嬢様2人でした。
旅館の方が、「日本語が通じないが、忘れ物を南禅寺近くまで捜しに行かれます!
近くへ行くと分るらしいので、お客様に聞いて行って下さいと」!
「そしてまたここまで帰って来てください」と聞き。

少し不安を抱えながら
取り急ぎスタートし、
a0191852_23122470.jpg

〈My photo〉

すでに暗い南禅寺三門辺りへ着くと、
お客様がジェスチャーで「この辺りに止めて待って下さい」と言われ、
ところが驚いた事にタクシーに子供を二人置いたまま、
私に何も告げずあっと言う間に探しに行かれたのです、
私はえっ!異国で小さな子供を置いてと唖然としました。

子供二人は >@-@< ギョットしてかなり緊張していました。
何も言わずに慌てて親だけ出て行くので、さすがビックリしました。
もうあたりは暗くなり、それでもなかなか戻らないので、
後部座席の二人は不安を前面に出しています。
それはそのはず、全く知らない国へ来てこの始末。

余りに可愛そうなので、とりあえず
「Where are you from?」と声をかけると
驚いたことに「ドイツから」と返ってきました。 沈黙が続くので、
片言で「ドイツの歌知ってるよ!」と言い、
日本語でドイツ民謡のわ ら べ は みーたーりー《野バラ》を口ずさむと
二人がお互い見合ってニッコリとし、私はそれを見てやっとホットしました。
ドイツ人ですが英語もマスターしている子供でちょっとビックリ。
そして私の「 いくつですか?」に
「10歳と5歳」と英語で返ってきました。
「日本の歌知ってる?」と 駄目もとで聞いてみたら、
なんと! 「チューリップの歌を知っているよ!」それも日本語でとの事。
お母さんはまだ戻ってこないし「一緒に歌おうか?」と。

日本語で!一緒に歌いだしました。
さいた さいた チューリップの はな が
        ならんだ ならんだ あか しろ きいろ
                   どのはな みても きれいだな

とっても上手に日本語で歌い!
何故、日本の歌を?知ってると聞いてみると
インターナショナルスクールに通っていて、歌は学校で覚えたらしいです。
少しの間でしたが、とても楽しく時間が経過しました。
a0191852_1718032.jpg

                       ローデンブルグ 〈ドイツ観光HPより〉
a0191852_1719319.jpg

                       ロマンチック街道 〈ドイツ観光HPより〉


やっとフーフー言いながら、
タクシーに戻って来たお母さんは、忘れ物が見つからなかったようで、
凄く不機嫌な顔で「旅館まで帰りますとの事、

お母さんが戻って来られた時に、
子供達は、私と一緒に「チューリップ」の詩を歌った事を
楽しげに話そうとしていました。
お母様はそれどころではなかった様でしたので、
気分転換とご乗車記念に、プレゼント用にいつも持っている
下段の神坂雪佳の木版画・「雷神と牧童」のハガキ2枚をプレゼントしました。
a0191852_2123735.jpg

子供にはチョット怖いのと可愛いのを。

待ち時間、子供とはいい感じで過ごせましたが、
お母様には、結局何を忘れたのかは聞けなかったのですが、
このドイツ人には、
今回の京都の旅で嫌な想い出が出来てしまったようで、、
私までが心苦しく、何故かしんみりお宿まで送り届けました。

その日は、心地よい温かな子供との会話と歌の反面
なんだか申し訳ない気持ちで、チョット残念な1日になりました。


                      *************


【第2話  フランスの老夫婦】

H22/4/13   岐阜県の〇O様 と フランスのDF様     5時間観光

a0191852_1748344.jpg

                    ベルサイユ宮殿 〈フランス観光HPより〉

O〇様はある金属卸業を経営されていて、
学生時代のフランス留学時、 DF様宅でホームステーされていました。


DF様はその昔フランスの大手デパートで古美術を扱い、
買い付けで幾度となく来日され、特に京都の新門前通りの骨董街に足を運び、
また接待を受け、一流の料亭に行ったと仰っていました。
京都大好き外人で、懐かしく今回〇O様とご一緒に来られたと聞きました。

今日のコースは私の《お薦めコース》でお任せいただき、

ホテルから私の好きな処ばかりで、
先ず新緑の「瑠璃光院」へ
a0191852_185457.jpg

My photo  「瑠璃の庭」


~大徳寺・塔頭の>「高桐院b>
a0191852_188245.jpg

[写真の季節は秋ですが]
〈TOM'S photoより〉  「アプローチ」
~昼食>「泉仙b>


~ 「しょうざん庭園
a0191852_12583268.jpg

My photo  珍しい「酒樽の茶室」


a0191852_1304491.jpg

My photo  京都府の木に指定「台杉」


a0191852_131573.jpg

My photo  裏千家11代 「玄々斎設計の古茶室」



a0191852_17521281.jpg

アビニョンの橋 〈観光HPより〉

今回フランスのDF様ご夫人が、
特に「しょうざん庭園」 が素晴らしく興味があったと何度も仰っていました。

観光の途中、何度も京都の想い出話をされ、
私はフランス語でサッパリ理解できませんが、
全部O様の通訳で楽しく聞かせて頂きました。
今でも、老御夫婦持ち前の「暖かで、ふんわりとした情の深さ」を思いだします。

ご乗車記念に、下段の木版画[御祝儀袋 歌舞伎絵]を2枚プレゼントしました。
a0191852_214399.jpg



最後にDF様の思い出が凝縮されている「古美術街・新門前通り」を
ゆっくり走り・・・・・・
フランスからです、もう120%再会はないと確信しながら何か切ないお別れの挨拶で・・・・・。

いつまでも私の想い出に残る、いい「出会い」 でした。
[PR]
by koshian-honpo | 2011-01-28 17:24
皇后杯 第29回全国女子駅伝 優勝は京都! 雪辱思い一つに
平成23年1月17日
京都チーム 優勝おめでとうございます。
     
 昨年優勝の岡山県チームも大健闘!
                     さすが準優勝!おめでとうございます。

1区の選手(昨年優勝アンカー)は
今回も、実力の素晴らしいタイムで、タスキを2区に繋がれました。


私は12:30の号砲と同時に自宅でテレビ観戦でしたが、
この日、市内最高気温は2・9度までしか上がらず過去最も寒い大会となったものの
(ちなみに、これまでの最低気温は第19回大会の4・6度だったようです)
各都道府県 47チームは、この厳しい寒さの中アクシデントもなく
無事ゴールされ、日陸連・京都陸協ともどももホットされた事でしょう。
早朝からボランティアの方や、協会の方々が、
競技場のトラックはじめ、全コースの雪かきをされやっと予定どうり
スタート出来たようです、本当に関係者各位の皆様ご苦労様でした。



古都の風をきる、選ばれた選手の力走は、競技場や沿道の応援の人々の心を一つにし、
そしてまたTV観戦など全国の皆様にも、素晴らしい感動を与え胸を熱くさせた事でしょう。

今年も何か新しい希望が湧き上がってくるような、
そんな2時間半のここちよい「感動ドラマ」でした。


以前私のタクシーで観光された全国のお客様も、きっとテレビ観戦で
それぞれの地元チームを応援しながら、
懐かしく京都を思い出されたことと思います。



選手の皆様!いい時間をほんまに「おおきに」!
また来年も、「女子駅伝 楽しみにしてまっせ」。

[PR]
by koshian-honpo | 2011-01-17 17:11
H15 秋・冬ご乗車のお客様 お気に入りの 湯豆腐「嵯峨野」で2度共ご昼食!
9/25  ご夫婦 2名様  名古屋市内    4H観光
午後からスタート  ご希望は先ず嵐山で湯豆腐を食べたいと!
風情のある落ち着いたお店〉「湯豆腐 嵯峨野」へご案内
a0191852_2129571.jpg

〈嵯峨野HPより〉

お食事後、有名な縁結びの神様「野々宮神社」からTVドラマやCMに登場の「竹林」を通り
その奥にたたずむ
今は亡き 大物映画男優 大河内伝次郎別荘へ 
「大河内山荘」
a0191852_13344174.gif



~奥嵯峨・愛宕神社 一の鳥居にある茅葺のお店
「平野屋」

a0191852_13243655.jpg

400年前から愛宕神社の登り口の茶屋として歴史を重ね
名物の「志んこ」はその頃から今も続いている、
近年は鮎料理もとっても有名で、
今は亡き「美空ひばり」さんが
鮎が大好物で、よく通われたと聞いています。
お庭を眺めながらのお食事がとても評判です。


祇園巽橋曼殊院~ホテルお送り。





** 二度目 H15/12/28 ご夫婦と奥様の妹様(山形県)  3名様   6H観光
一ヶ月ほど前に予約の電話をいただき、再会を心待ちにしていました。
新幹線八条口へお迎え

金閣寺
a0191852_1621899.jpg

龍安寺
a0191852_1624012.jpg


金閣寺〈写真・京都おもしろスポットより〉龍安寺〈写真・YAHOO画像検索より〉
~昼食は前回の嵐山 湯豆腐「嵯峨野」をご希望~渡月橋周辺を散策

広隆寺
a0191852_1631053.jpg


国宝第一号の「弥勒菩薩」が有名


~前回と同じ「祇園巽橋辺り」を妹様にもと言われ!
a0191852_1684113.jpg


~京都駅八条口。

その後お礼状と、私が撮ったお客様の写真・私の公休日が分る「Myカレンダー」を郵送
1/16お便りいただく。


では次回を。


[PR]
by koshian-honpo | 2011-01-11 16:26
初めての貸切観光スタート
さぁーて
冷や汗かきかき、初めての観光貸切のスタートでした。 ちょっとドキドキ!
  某音大吹奏楽部OB 女性4名様 東京都内(現役教師と専業主婦) 6H観光
H15/8/29
中京区からご乗車で清水寺まで、「お客さん!今回はどの辺りをご観光ですか?
京都は何回目ですか?」と声をかけたら、
「教師していたので何度も京都へは来ているが仕事ですから自由が利かず
今回はプライベートです」
「運転手さん!何処かいい処ありますか?」と聞かれ、
「そうですねー、静かな門跡寺院や祇園がお薦めですよ」と返したら、4人で相談が始まり、
先ず貸切料金を聞かれました。
「この小型で1時間3660円、1~4人まで同じ料金で、今日は4人で割れば結構安く自由に回れますよ!
時間はお好きな時間でokです」。
「別に拝観料・有料道路やP料金はお客様ご負担です」。

そして、翌日の観光が決定!!

次の日(8/30)・・・ホテル・ロテルド比叡へお迎え

a0191852_16464548.jpg

Am9:00~お客様の昨日の清水寺や延暦寺のお話を聞きながら車を走らせ
ご希望は二箇所、組紐店と北野天満宮で他は“おまかせ”でと言われ
プランを考えながら観光スタート!

先ず曼殊院(まんしゅいん)から
a0191852_164723100.jpg

〈写真・名所旧跡めぐりより〉
静かで落ち着いたお庭のある門跡寺院にお客様も満足して頂きました。

次に中京区にあるご希望の組紐屋へ行き、


そして祇園のベストポイント、祇園巽橋へ、
ここはTV/CMや京都サスペンス・ドラマによく登場する情緒あるお薦め場所です。
a0191852_22164970.jpg

My photo                      〈体験舞妓はん〉


a0191852_22185852.jpg

My photo                   巽橋傍の〈吉井勇 歌碑〉
           「かにかくに 祇園はこひし 寝るときも 枕の下を 水のながるる」


銀閣寺
a0191852_16541862.jpg

〈写真・京都おもしろスポットより〉


~昼食はすぐ近くの「おめん」がお薦め。
a0191852_1253216.jpg

〈写真はおめんHPより〉

~石庭の禅寺">「龍安寺」

a0191852_11412442.jpg

ここの石庭は結構メジャーですが
白砂の庭を広く見せる為工夫がされたり、
15個の飛び石をなかなか数えられないのが面白いです。
水戸光圀寄進の知足の蹲(つくばい)に味がありますネ!
a0191852_17554829.gif

~「今宮神社
a0191852_1584428.jpg

〈My photo〉
参道に千年前から続いてる有名なあぶり餅「一和」があり、
そこで一息つく。
a0191852_15122573.jpg

a0191852_15124420.jpg

〈My photo〉
~菅原道真を祀る「北野天満宮」へ!

a0191852_22304368.jpg

                         〈梅の雲にふわりと浮かぶ本殿〉
a0191852_2227168.jpg

My Photo                     〈石灯籠と枝垂れ梅〉



今回お客様も子供さんの合格祈願で是非と言うことでお参りされました。
どうか 合格されますようにと私もお願いいたしました。

~車中先生達は、いつもの修学旅行でなく、
気楽に旅を楽しまれ、貸切ならではの時間を有効に!使えて良かったと。
車内も拝観時も賑やかで楽しい雰囲気でした。

最後新幹線八条口へお送りしお別れ!


はたして新米の運転手の案内で、満足されたのでしょうか?ちょっと心配。
私は1日中、冷汗をかきながら精一杯頑張りましたが。

次回は2度目の観光コースをご紹介致します。
[PR]
by koshian-honpo | 2011-01-10 16:41
はじめまして
私はH15/7よりH22/5月末までの約7年間、タクシードライバーを経験し
地元・他府県・外国のお客様との素晴らしい出会いの中、特に観光での充実した日々のあれこれで、
220組ほどのお客様との「一期一会」を少しずつ皆様に紹介してゆこうと、ブログを初めて開設しました、
どうぞ宜しくお願い致します。

a0191852_22354253.jpg

                         是非遺したい〈京都市役所〉
a0191852_22343136.jpg

               

                         。。。。。☆☆☆。。。。。


 初めての観光で冷汗をかきながらのご案内。
 外国人が突然寺院など8箇所ぐらいのメモを渡し、ここ観光して下さい!と
   なんとか英語で無理ですと言ったつもりが、解らずゴーサイン!
   仕方なく「どうにかなるわ!」と出発しお互い言葉の壁はあるが、なんとか心は通じました。
 毎年3月に2日間、7年連続観光ご乗車の、
   長野県のご夫婦との毎回必ず違った寺院拝観など。
 毎月1度はご乗車いただき、隠れた菓子店・ 茶舗・手打ち銅鍋店・桶屋・などなどへ、
   その後必ず一箇所、侘び寂びの寺院へ御案内し~京都駅へお送り。連続11回ご乗車頂きました。
 南アフリカのご夫婦が、北区から京都駅へ!
   途中ゼスチャーを交え、いつもの自己・出鱈目会話です。ご乗車記念に浮世絵版画と
   京の写真入の名刺を渡したところ、お客さんからも名刺(サッパリ解らない)を頂戴し、
   こんな事は滅多にないので、その後翻訳ソフトを使い
   珍しい経験と素晴らしい出会いのお礼にと、先方には多分理解し難い手紙を送りました。
   そしたら・・・・・・・・・・・・。

まぁーいろんな「素晴らしい出会い」が沢山出来ました、
私にとって、とても幸せないい財産です。


その他私のお薦め「穴場寺院」や「珍しいお店」などなどを紹介しながら
さまざまなお客様との「一期一会」を主に、私なりの記事にして、
これから京都へお越しの方々に少しでも参考になれば幸せです。

   タイトルを「こしあん本舗」とした理由もいづれそのうちに。

今日はこの辺で
ご挨拶まで。

 
[PR]
by koshian-honpo | 2011-01-05 23:49