京の旅あれこれ【こしあん本舗】
coshian.exblog.jp
ブログトップ
<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
【麗かな春の日差しに誘われ・優遊嵐山激写】  渡月橋界隈
今朝(3/31)は気持ちよく晴れ渡り、我が家のプランター吉野桜も蕾が紅く膨らみを見せたので
ジャージに着替え、多分「嵐山吉兆」の枝垂れ桜が綺麗に咲いてるのではと出掛けました。

デジカメをポケットに、優遊嵐山へと洒落込む!
渡月橋はいつも同じ顔をしていません、またどこから構えても好きなアングルです。
その時々全く別人の顔・姿を見せてくれます、 家から歩いて約15分です。

今日は中ノ島にある、知り合いの「嵐山亭」で一服の予定です。


先ずはここから~~~

a0191852_17303388.jpg

                          〈大好きな渡月橋!〉
a0191852_195466.jpg

               〈ここの桜もちは餅粒が荒くしっかりしていて、なかなかの味〉
a0191852_1732439.jpg

     〈どこの観光地にも人力車あり!乗ると視界がかなり高く嵐山がより良く観えるらしいです?〉
                ・・・引き手の若者が、おばさまに人気があるのです・・・




a0191852_17324644.jpg

                           〈吉兆傍の枝垂れ桜〉
a0191852_1733813.jpg

                    〈ここの桜はいつも早く綺麗に咲いています〉


a0191852_17334569.jpg

                  〈今日イチ! の私の好きな写真です。自己満足そのもの〉
                           ・・・吉兆前から渡月橋・・・

                           。。。。。☆☆☆。。。。。


a0191852_17343289.jpg

                   中ノ島にある、知り合いの嵐山亭です
          ・・・湯豆腐・なべ焼・丼物・うどん・ぜんざい・他いろいろお薦めは多いです・・・
          ・・・☆☆☆渡月橋近くにお越しの折は、是非嵐山亭にお立ち寄りください☆☆☆・・・

a0191852_17345944.jpg

                〈店内〉 私は好きな美味しい「ぜんざい」を食べました

a0191852_17352639.jpg

                   〈嵐山亭前から見た、渡月橋と遠くに愛宕山〉
             ・・・このポイントでサスペンスドラマの撮影が頻繁に撮られています・・・


                         。。。。。。。。☆。。。。。。。。
                 

a0191852_22594619.jpg

                   帰宅途中、渡月橋下流の土手で見つけた、
        春の七草で紫の「ホトケノザ」と今が旬黄色い「セイヨーアブラナ」を摘んで帰り
                 我が家の仮の床の間?に観葉の「ポトス」と合わせて
                 好きな一輪挿しに宗家「こしあん」流?で活けました!
            いつも近くで雑草を摘み帰り、寺院などの茶室を真似て楽しんでいます。
                                          (茶花ではないですが)


                   初めセイヨウアブラナは首を垂れていましたが
                       直ぐ凛々しく立ち元気になりました!
                              ・・・・・・・ これはお金がかからず最高です。



今日は突然でしたが、瑠璃晴天に誘われ渡月橋界隈を楽しみました。
H23/3/31
[PR]
by koshian-honpo | 2011-03-31 18:21
【春の訪れと共に!毎年お越しの信州長野県のご夫妻】  番外編 お薦め処
前回の続きとして
 【H18年3月13日】  大原方面にて拝観できなかった
             「私のお薦め処」を紹介いたします。

三千院から勝林院へ至る左側
実光院

天台声明* を修業する学僧の住む寺として建てられたもので
客殿には詩仙堂にある三十六歌仙画像を模した画が掲げられていて
また庭園は契心園といい、律川の水を取り入れた心字池を主体としている。

ここの桜は「不断桜」といい紅葉の時期~この春まで咲き誇っているのが珍しいです。
また玄関前には、銀木犀とその脇には万両・千両・百両・十両の木が
寄せ植えしてあり、なかなか他の寺院では見かけません。


a0191852_9413062.jpg

                 〈拝観入り口・銀木犀・万・千・百・十両の植え込み〉
a0191852_9435943.jpg

                   〈シャクナゲの蕾越しに不断桜が咲き誇っている〉
                        後の山すそが「大原の里」です
a0191852_9425569.jpg

           〈抹茶をよばれながらガラス越しに見る凛とした台杉・不断桜・借景共に楽しむ〉
ここの寺院はいつ来ても、人が少なくかなり静かに拝観できます
               ・・・・・・この部屋では寺院の説明と、天台声明が聴けます・・・・・・
  
* 声明(しょうみょう)とは お経のような歌のような!
          「日本仏教の儀式・法要で僧の唱える声楽で、日本音楽の源流といわれている」
               まだ聴かれていない方は是非機会があればお薦めいたします。
               
     ・・・・・ちなみに 「勝林院」内でもボタンを押すと聞こえてきます・・・・・



。。。。。☆。。。。。




  「大原陵」
a0191852_1028367.jpg


実光院と勝林院の間で、東側にあります。

a0191852_1058231.jpg

a0191852_1102210.jpg


大原北のはずれ古知谷の阿弥陀寺  特に秋の紅葉が素晴らしい!
山号  光明山
開基  弾誓
宗派  浄土宗
旧敦賀街道に面して中国風の山門がある。
辺りには楓樹が多く山の中腹から流れる清涼な水がいく段もの小さな滝となって落ちている。

寺は慶長14年(1609)木食(もくじき)上人・弾誓(だんせい)がひらいた如法念仏道場である
本堂背後に上人の遺骸(みいら)が安置してあった岩窟がある
本堂に安置する本尊弾誓上人像は上人自らの髪を植え込んで創ったと伝え
植髪の臓と呼ばれている。

a0191852_10531475.jpg

                              〈山門〉
a0191852_10534657.jpg

                          〈山号の光明山とある〉
a0191852_10541086.jpg

                      〈急坂の参道をかなり登ると本堂〉
                      秋はこの参道両側の紅葉が見事!



寂光院
本尊  地蔵菩薩
西暦594年に聖徳太子が父の用明天皇の菩提のために建立したと伝える。

「平家物語」には、建礼門院が出家の後、文治元年(1185)に当寺に隠棲し
翌2年春に後白河法皇が御幸したと記す。

残念ながら平成12年の火災で本堂などを焼失しました。
現在本堂を再建され、またご本尊も新しく彫られて
堂内と仏様は、当時そのままの極彩色に甦っています。

火災で真っ黒に焼け残ったご本尊は別棟に安置されている。

a0191852_1119552.jpg

                MyPhoto      〈拝観入り口〉
a0191852_11193595.jpg

                 HPより        〈新本堂〉
a0191852_17274327.jpg
               
                 HPより     難を逃れた〈鐘楼〉

                         。。。。。☆☆☆。。。。。

寂光院隣りの西陵
a0191852_11203110.jpg

                MyPhoto      〈大原西陵入り口〉
a0191852_11224317.jpg

               MyPhoto    〈建礼門院がねむられている〉

MyPhoto

以上 お薦め「大原番外編」 終了


                        :::::::::***:::::::                             
                            
【東日本大震災の復興支援】   サッカー慈善試合 諦めない、スタンド一つ!
                      イスラエルの医師らが診療・宮城南三陸!
                      被災者受け入れ 京でシェアハウス!
                      必ず春はくる・岩手大槌小の卒業式!
 
                             >>^。。^<<
              

* 放射線検査証明なく介護施設入所拒否
                      * 北関東農家出荷停止・放置作物の山
                                           * 東電、復旧長期化を示唆
                    
           大震災関連ニュースで胸が痛い毎日!
           どうか、この日本の危機を無事乗り越えられるよう心より祈ります。



     
[PR]
by koshian-honpo | 2011-03-30 11:34
【春の訪れと共に!毎年お越しの信州長野県のご夫妻】  その 3
毎年3月に7回連続! 合わせて約60箇所の寺院等を観光されました。
いつもお馴染の旅館に宿泊され下記の寺院などへ!!
果樹園を経営されていて、旅行はどうしてもこの時期だけと仰っておられ、
ご予約を頂き、毎回違ったコースを探りながら楽しんで頂きました。

ご夫妻は、さすが信州人!いつも穏やかで、素朴、そして牧歌的で心優しいお客様です!
毎回私は心地よい時間を一緒に過ごさせて頂き、いつも春の訪れを楽しみに待っておりました。



【H18/3/13~14】
今回は大原方面と嵐山界隈

初日 3/13 朝9時にいつものお宿へお迎え!
「おはようございます」   今日は大原方面へお供いたします

ご予定は下記の感じで!
三千院~勝林院~宝泉院~土井志ば漬本舗~円通寺~昼食岡崎「権太呂」~
大日堂~建仁寺~お宿へ。


三千院 
開祖 最澄(伝教大師)、  宗派  天台宗

大原の里を望む閑静な高台にあり、自然の傾斜を巧みにとり入れた段状の境内には
「客殿」「宸殿」が立ち、聚碧園と、杉苔が特徴の瑠璃光庭、そして
細波の滝を有する有清園が広がる池泉回遊式庭園が造られ共に江戸時代の作庭とされている。
有清園の杉木立の中には三千院を象徴する「往生極楽院」が流麗な姿をみせている。
そこにお座りの国宝「阿弥陀三尊像」の両脇の菩薩は大和座りという正座をした姿で珍しい。


~~~~~

a0191852_14572861.jpg

                       〈参道に京都らしさのお店が並ぶ〉
a0191852_14502924.jpg

                              〈御殿門〉
a0191852_14595763.jpg

                              〈聚碧園〉
a0191852_151175.jpg

                    冬でも凍らないという〈華厳音愛の手水鉢〉
a0191852_1545120.jpg

                  〈宸殿から瑠璃光庭内の大杉の向こうに往生極楽院〉

            「この時期は、桜や紅葉時と違いとても静かで遠く古のここちよい風を感じる」


a0191852_15124852.jpg

                         〈寝転がっている童地蔵〉
a0191852_1514516.jpg

                              〈朱雀門〉


勝林院
開基  円仁(慈覚大師)  宗派  天台宗

三千院より少しだけ北に位置し、本尊は阿弥陀如来。     
西暦1013年寂源によって創建されのちに
天台声明(しょうみょう)の根本道場となった。

有名なのは、1186年天台宗の顕真が 浄土宗の法然を当院に招き
いわゆる「大原談義」を行い、専修念仏について問答をした。

今ここに古く残るのは、平安時代の「梵鐘」で重要文化財に指定されていて
本堂その他は火災などにあい、幾度も再建されている。

a0191852_152451.jpg




宝泉院
天台宗  

勝林院の本堂西側すぐのところにあり
書院は西暦1502年に勝林院の僧坊として再建されたもので、
廊下の天井は伏見城遺構の「血天井」である。
庭園には樹齢600年あまりの富士山型の五葉松がある。
また縁側には二連式の水琴窟があり、まさに癒しの音として来院者に喜ばれている。
部屋奥から庭を望むと、見事「額縁のお庭」でこれまた有名です。

a0191852_1612157.jpg

                             〈拝観入り口〉
a0191852_167356.jpg

                            当時の  〈お籠〉
a0191852_1643892.jpg

                            〈額縁の五葉松〉
                    ちなみにここの松は、京都三大松の一つです。
                他は金閣寺の「陸舟の松」善峰寺の「遊龍の松」があります

a0191852_1682570.jpg

a0191852_1685067.jpg

                癒しの水滴音が聞こえる竹筒が2本 〈二連式水琴窟〉
a0191852_1701690.jpg

a0191852_16104254.jpg

a0191852_1611873.jpg

                              〈血天井〉
                          ::::::****:::::
               

                 
a0191852_16571964.jpg

                   〈帰りに振り向くと富士山のような五葉松が〉!!!



~~~~



大原を後にして途中、漬物屋「土井志ば漬本舗」の本店へ立ち寄る。
a0191852_958432.jpg

お店の東裏には、広大な紫蘇畑があり、
時期によってその畑では、一面の緑や濃い紫の美しい光景が見られます。
a0191852_9582378.jpg

                           〈後方の山は比叡山〉
MyPhoto

 *大原の紫葉漬けの発祥は、寂光院に隠棲されていた建礼門院のお食事が進むようにと
  村人達が考え提供したのが由来と言われていて、
  紫葉漬と名付けたのが門院徳子様とも。

a0191852_1281976.jpg

                              〈紫蘇畑〉
a0191852_1284342.jpg

                                                            
            《志ば漬は、茄子・きゅうり・茗荷・生姜を赤紫蘇の葉で塩漬けしたものです》

a0191852_1065369.jpg

                    HPより 土井志ば漬本舗〈本店内の陳列〉





次は
元幡枝離宮の 円通寺
臨済宗妙心寺派    本尊は聖観世音菩薩

後水尾天皇が造営された幡枝御所(離宮)跡で、
現在の修学院離宮の前の離宮にあたる。

比叡山を借景とし、客殿の東前面に広がる枯山水庭園は借景庭園の代表で、
国の名勝に指定されている。


a0191852_21301438.jpg


a0191852_12532988.jpg

                〈御門をくぐる・・・皇室ゆかりの御紋十六菊の紫色の幕〉
a0191852_12535384.jpg

                          〈高浜虚子の記念歌碑〉
a0191852_12541066.jpg

                          〈常陸宮・記念植樹松〉
a0191852_12543376.jpg

                        〈額縁の比叡山の借景庭園〉
a0191852_12545221.jpg

                            〈比叡山のアップ〉
a0191852_1255923.jpg

                            〈御簾越しの庭園〉
a0191852_1259961.jpg

                               〈光の壁〉                 
            〈崩れた土塀に現代彫刻家の作品〉よく見るとダイヤを散りばめたような壁
a0191852_1255508.jpg

~~
a0191852_12561830.jpg

                         〈拝観を終えて御門を出る〉
MyPhoto





昼食を 岡崎「権太呂」でごゆっくりされる。

a0191852_14185183.jpg


a0191852_14222983.jpg

MyPhoto
~^。 。^~




三条粟田口にある青蓮院の塔頭で、裏山の頂に佇む 大日堂
〈この大日堂には、珍しい石造の胎臓界大日如来像が安置されています〉
a0191852_16153170.jpg

                            〈大日堂本堂〉

        東山36峰の一つの頂にあり、新緑や春の桜!秋の紅葉!と素晴らしい庭園です


a0191852_1548562.jpg

                              〈一念松〉            
        30年前に岩の裂け目に黒松を植えられ・・・ 「人の一念岩をも通す」 と言われています



a0191852_15403987.jpg
 
                             〈庭園内の桜〉                           
               
               


               庭には、その昔、日露戦争で活躍した「東郷元帥」
               早稲田大学の創設者「大隈重信」両者の手植えの松があり、
               
               最近では、元総理大臣の「海部俊樹」
               記念植樹された枝垂れ桜があり、見事に咲き乱れます。
            *  この桜は、桜守で有名な「佐野藤右衛門」の手で植えられました
a0191852_15332331.jpg

                 〈ここの展望台からは、昔の平安京全景が偲ばれます〉
                    ・・・・・中央の四角い緑地は京都御所・・・・・


a0191852_15265415.jpg

                              〈将軍塚〉           
            約1200年前桓武天皇が都を京都に遷す際、山上に登って京都を一望しました。
            そして、京都の地形が都を置くにふさわしいと判断したわけです
            平安遷都前の都であった長岡京の造営の際
            その責任者であった藤原種継が暗殺されるなど
            桓武天皇の周りでいろいろと事件が起こっていました。

            そのため、今度の都ではそのようなことが起こらないように
            都を護るように祈願し山上に高さ約2.5メートルの土像に
            甲冑を着せ鉄の弓矢を持たせ、太刀を腰におさめ埋めました
            現在も京都市内を見下ろし、私達を護る将軍塚です。



MyPhotoとHPより




祇園花街 南側にある
臨済宗建仁寺派の大本山「建仁寺

国宝の「風神雷神図」屏風は俵屋宗達の代表作として有名。
また法堂天井の「雲龍図」は西暦1599年に再建されたときのものと伝えられ
海北友松(かいほうゆうしょう)の作品とされる。

a0191852_16405948.jpg

a0191852_16411719.jpg

                         〈禅寺の特徴ある庭園〉
a0191852_16413768.jpg

                              〈法堂〉
a0191852_16415690.jpg

                         法堂の天井絵〈雲龍図〉

以上の建仁寺は
TOMS'Photoより




~~~☆☆☆~~~

今日はこの辺でお宿へお送り致します。
「長時間お疲れ様でした」    「あす朝 9時にお迎えにあがります」

「ありがとうございました」
以上全て MyPhoto 

                           。。。。。☆☆☆。。。。。



二日目 3/14
「おはようございます」  「今日もどうぞ宜しく」!
嵐山界隈を散策どうぞ!!!

先ず 車折神社 

本殿・拝殿・社務所のほか芸能社や芸能人の名を書いた朱の玉垣が並び
庶民的で華やいだ雰囲気にあふれている。

社名は後嵯峨天皇(一説には亀山天皇)が大堰川(おおいがわ)に御幸の際
神前で御車の轅(ながえ)が折れていまったため神威を恐れ
車折大明神の号と正一位を贈られたことによる。


5月第3日曜日に嵐山大堰川に龍頭船等20数艘を浮かべ
王朝の船遊びを再現される。
a0191852_21122421.jpg

a0191852_2111536.jpg

a0191852_21124882.jpg

a0191852_211362.jpg


ここの境内では、TVサスペンスドラマの撮影が頻繁に行なわれている所です。
科捜研・京都迷宮案内・相棒・美術事件絵巻・美人女優連続殺人事件etc
俳優では船越英二・橋爪 功・水谷豊・片平なぎさ・三田村邦彦・大村混・神田正輝・山村紅葉

そして私の車にたまたまご乗車の賀来千賀子・北村聡一郎・宇梶剛士さんなども。
賀来千賀子さんだけは無理言って私の名刺にサインをいただきました。
ホテルから撮影所までの間、気持ちよく受け答えして頂き、
変なミーハーですが今思うと、その日は記念になる楽しい1日になりました。 


天龍寺」 
開基  夢窓疎石 
宗派  臨済宗天龍寺派本山

a0191852_21473436.jpg

a0191852_21451729.jpg

a0191852_21445154.jpg


~~~

化野念仏寺
二尊院から念仏寺にかけて化野と呼ばれる辺りは、むかし死骸を風葬したところで、
弘法大師が死者を弔うために五智山如来寺を建立し、のち法然上人が念仏道場に改め
念仏寺と称するようになった。

境内は無縁仏になってしまった無数の小さな石塔・石仏で埋まり
賽の河原さながらの無情感を漂わせている。

石仏・石塔は室町時代のものが多く、寺の出入り口にある釈迦・阿弥陀如来の石仏は
鎌倉時代の傑作。



a0191852_22112797.jpg

                             〈賽の河原〉
a0191852_22114557.jpg

a0191852_22122144.jpg

a0191852_22124823.jpg





今回の観光スポットはここでおしまい!

~~~京都駅へお送り。

「二日間ありがとうございました」
「またのお越しを楽しみにしております」

「さようなら」

                           

                          ~~~☆☆☆~~~
帰路の途中「北嵯峨」


a0191852_22252527.jpg

                             〈広沢の池〉


a0191852_22255896.jpg

                        〈出島・ドラマ・ベストポイント〉
[PR]
by koshian-honpo | 2011-03-27 15:16
【東日本大震災 お見舞い申し上げます】
きょうは3月11日の震災発生から三日目です

テレビニュースを見る限り、目を覆う惨事で、
以前観たスクリーン上のフィクション映像そのものでした。

恐れていた大規模の太平洋プレート連鎖型地震が発生1!
そして想像を絶する高さで押し寄せる大津波!!
無残に家・車・船・人が押し流されている惨状に言葉がでません。

それに追い討ちをかけるように原発への影響
初の「熔融、爆発、漏出!」という
重大な事態に陥り、この先どうか安全が確保できるよう関係者方々の
対処に期待をするしかないようです。

これがどうか夢であって欲しいと願うばかりでしたが、
まさに悪夢が現実に!


不幸にも、お亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り致します。
a0191852_21243559.jpg
 
MyPhoto
            

                              ・・・*・・・

            
少しの間ブログはお休みいたします。
[PR]
by koshian-honpo | 2011-03-13 17:29