京の旅あれこれ【こしあん本舗】
coshian.exblog.jp
ブログトップ
<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
【利休にたずねよ】に 秘められた京を愉しむ     〈3〉
a0191852_1631449.jpg
           
                  〈昨秋の高桐院庭園敷紅葉と石灯籠〉大徳寺塔頭
a0191852_20465318.jpg

                    〈高桐院内の細川忠興(三斉)・妻ガラシャの墓〉
                    ・・・この墓石は利休からあずかった石燈籠・・・
                 右横には2代目忠興を除き細川家12代までの墓が並ぶ!


2009年 第140回 直木賞受賞作
「利休にたずねよ」    
著者 京都市在住 山本兼一


3  知るも知らぬも  細川忠興 41頁
利休切腹の15日前―
天正19年(1591)2月13日 夜
京 吉田 細川別邸 長四畳  


淀の船着場は、春の黄昏に暮れなずんでいる。
山はおぼろな藍に霞み、川に吹く風がなまめかしい。
「おいでのようです」
細川忠興がつぶやくと、ならんで立っていた古田織部がちいさくうなずいた。
向こうに、川沿いの街道をやってくる行列が見えている。
「咎人のあつかいか」
騎馬武者をまじえた五十人ばかりの隊列が、粗末な駕籠を油断なく警護している。
船着き場の川原に駕籠を置かせると、馬をおりた武者が菰をめくった。
鼠色の道服を着た男がおりてきた。
堺に下る利休である。

a0191852_2219442.jpg

京都新聞紙面より  〈時代劇のロケでよく使われる八丁堀〉本文の淀船着場とは違うが

「おいたわしや・・・・」
遠目にも、利休の憔悴は見てとれた。大柄な背をまるめ、首をすくめている。
視線を感じたのか、利休が顔をあげた。こちらに気づいて、眉をひらいた。

忠興と織部とが頭をさげると、利休が深々と辞儀をかえした。
わきに立つ侍に、なにか話している。
黒い甲冑をつけた侍は、今日の追放を、忠興に知らせてくれた富田左近だ。
左近も茶の湯の数寄者で、利休の弟子である。


a0191852_22223125.jpg

                      〈現在南禅寺北側にある細川別邸〉
                ・・・本文の別邸を移築したのか定かではありません・・・
a0191852_22225795.jpg

                            〈細川家御紋〉



京にもどると、細川忠興は、一条の屋敷には寄らず、吉田山のふもとの別邸に入った。
淀から先に人を送って、妻のガラシャに手紙をもってやらせた。
利休から一条の屋敷に届いているはずの茶道具を、吉田の別邸に持ってくるように命じたのである。今夜は聚楽第に近づきたくない。
秀吉の心魂が、やけに下司に感じられる。
屋敷に入り、中門をくぐって月明かりの露地をあるくと、
手水鉢の向こうの石灯籠が、明るく灯っていた。
a0191852_21163644.jpg



~~~


清めた手を手ぬぐいで拭くと、忠興はあらためて石灯籠をながめた。
その石灯籠は、いつだったか、利休からもらったものであった。
利休が善しの均衡ががすばらしいと激賞していただけあって、
凛としたすがたには、一点のゆるみもない。丹後の城に下向するときは、
わざわざ人足に運ばせるほどの執着ぶりである。
「この灯籠、そちで匿っては下さるまいか」
利休にそういわれたとき、忠興はもちろん即座にうなずいた。
評判を聞いた秀吉が欲しがったので、利休は灯籠の笠をわざわざ打ち欠いたのだという。
「割れておりますゆえに、献上いたしかねます」と断りの口実にするためだったが、
打ち欠いてみれば、さらに利休好みのすがたになっていた。
a0191852_21183326.jpg

                 〈現在もこの欠けたままの石灯籠が墓石となっている〉

完璧すぎる様式より、不完全な美をいちだん崇高なものとして賞賛したがるのは、
村田珠光以来、もの数奇な侘び茶人の僻である。

a0191852_22254897.jpg

              〈利休の影響をうけての忠興好みの茶室・松向軒〉高桐院内

a0191852_21214529.jpg

my picture                   〈黒楽茶碗の贋作絵〉


利休の傲岸不遜のかげには、美の崇高さへのおびえがあったのか。
―利休殿は、美しいものを怖れていた。
そう考えれば、さまざまなことに納得がいく。
あそこまで繊細に、執拗にこだわりつづけてきたのは、
自負や驕慢より、ひたすらおびえていたからかー。
―なぜ。
という疑問が、当然わいてくる。
「なぜだろう」
「さぁ・・・・」
ガラシャの指が、忠興の胸であそんでいる。
「あんがい、つまらぬ理由かもしれません」
「どのような」
「好きなおなごに嫌われたくないとか・・・・」
ふふっ、と、男のこころを知り尽くしているように、ガラシャが微笑んだ。
―まさか・・・・・。
打ち消してみたが、その考えは、忠興のこころのなかで、しだいに大きくふくらんでいくばかりであった。

本文より

a0191852_22321567.jpg

                       〈今も昔と変わらぬ大徳寺境内〉

a0191852_22334647.jpg

                            〈修行僧のお帰り〉

a0191852_21255628.jpg

                忠興を除き、細川家12代までの墓・正面が初代細川幽斎
                       13代目から都が移り、東京に!
以上my photo



次は「大徳寺破却」  古渓宗陳

ですが、
~好きなブログ投稿と持病のめまいは背中合わせにて、少し休憩いたします~
[PR]
by koshian-honpo | 2013-01-19 20:35
【利休にたずねよ】に 秘められた京を愉しむ     〈2〉 
a0191852_11182044.jpg

1月11日my photo            〈大徳寺の山門・金毛閣二層目〉
         ここに利休の像が祀られた事がきっかけで秀吉の怒りを買い切腹を命ぜられたとも


                              ・・・☆・・・

2009年 第140回 直木賞受賞作
「利休にたずねよ」    
著者 京都市在住 山本兼一


2   おごりをきわめ  秀吉 24頁
利休の切腹の前日ー
天正19年(1591)2月27日  昼
京 聚楽第 摘星楼  



三層の楼閣からは、京の町と東山のつらなりが眺めわたせる。
春の日差しをあびて、三十六峰の若葉が、
つい手をのばして触れたくなるほど柔らかげである。
ーこれで、清々する。
秀吉は、扇子でじぶんの首の根をひとつ叩いた。
ながいあいだ喉の奥に刺さって取れなかった小骨が、やっと採れる。
天下人秀吉に、逆らう者は、もうただの一人もいなくなる。

a0191852_11204937.jpg

HPより                          〈摘星楼〉
a0191852_11224280.jpg

                            〈東山三十六峰〉

九州の討伐を終え、小田原を陥とし、関東、奥州の仕置きは、ぬかりなくととのった。
百姓たちの刀を狩りあつめ、日の本のあらゆる僻地まで田畑の検地がすすみつつある。
いまや三つの子でも関白秀吉の権勢を知らぬ者はない。
天下のすべてが、秀吉の掌にのっている。
指一本動かすだけで、あらゆるものが手に入る。

人がひれ伏す。 秀吉の威光は、すでに海を越えて、天竺にまで達している。
先月は、印度副王の使節が、馬、大砲、鉄砲、甲冑など、
豪華な贈り物をはるばる運んできて、秀吉の偉業を褒め称えた。
もはや、関白の権威を覆せる者はいない。
それなのにー。あの男。天下にただ一人、あの男だけがわしを認めようとせぬ。
-許せるものか。
許してよいはずがない。千利休のことである。



a0191852_1212510.jpg

my photo               〈利休が今もねむる聚光院〉非公開
              本堂襖絵は桃山時代の代表作で、狩野直信・永徳の筆と伝わる
              また庭園は石を配した苔庭で、其処に佇む茶室「閑隠席」は有名!
a0191852_1542499.jpg

HPより                         〈閑隠席
                   江戸時代後期の作。利休好みの茶室・三畳敷。
                   
a0191852_12123176.jpg

HPより                      〈院内の利休の墓〉



・・・・・


大徳寺山門「金毛閣」にあった利休の木像は、一昨日引きずりおろさせ、
利休屋敷すぐ前の一条戻り橋で磔にして、火で焼かせた
秀吉はこの摘星楼から見物人の群れと煙を見ていたが、そんなことをしても、
まるで気の晴れないのが余計に腹立たしい。

a0191852_1549334.jpg

1月11日my photo                〈一条戻り橋〉



ーそれにしても、利休は、なぜ一碗の茶に、
あそこまで静謐な気韻をこめることができるのか。

腹立たしい男だが、その一点だけは認めないわけにいかない。
ーどうしてあそこまで、茶の湯の道に執着するのか。
ついぞ、たずねたことはなかったが、一度、訊いてみればよかった。
ー今からでも、遅くはないが。
秀吉の胸中に、わずかに芽ばえた逡巡を、雨音が荒いながした。
つよさを増した雨が、淡く白い紗(うすぎぬ)で東山の峰を閉ざしてしまった。

本文より

a0191852_13571648.jpg


次は「知るも知らぬも」 細川忠興 41頁
[PR]
by koshian-honpo | 2013-01-14 11:02
【利休にたずねよ】に 秘められた京を愉しむ     〈1〉     
a0191852_14161478.jpg

                               〈目次〉

2009年 第140回 直木賞受賞作
「利休にたずねよ」    
著者 京都市在住 山本兼一


1   死を賜わる    利休 7頁
天正19年(1591)2月28日 朝
京 聚楽第  利休屋敷 1畳半
 

―かろかろとは、ゆかぬ。
利休の腹の底で、どうしようもない怒りがたぎっている。
かろやかで、すがしい静寂のこころに立ちたかったが、そんな境地からは、ほど遠い。
寝間で薄縁になっていても、口惜しさで、頭がはちきれそうである。
―猿めが
a0191852_1651476.jpg

関連リンクより               〈聚楽第全景の想像模型写真〉
a0191852_20464150.jpg

my photo   〈金箔瓦の出土した本丸の東濠跡に建つ石碑〈上京区中立売通り大宮北西角〉
a0191852_1628466.jpg

飛雲閣3D京都より   〈東本願寺境内の飛雲閣・・・聚楽第の楼閣とも言われている〉
                            3層目が摘星楼

・・・☆・・・


懐から袋を取り出した。・・・
中には小さな壷が入っている。・・・
緑釉の色味が、唐三彩の緑よりはるかに鮮明である。
おそらく、何百年も昔の高麗の焼き物であろう。
a0191852_2244849.jpg

my picture 〈あの女の形見であった 緑釉の香合 贋作絵〉




利休は、小袖の上から腹を撫でた。
「そろそろ、まいろうず」
茶道具を水屋にさげ、三方を持ってきた。籐四郎吉光の短刀がのっている。
利休は、室床の框に腰をおろし、小袖の前をはだけた。
3人の客が、席の端に立った。 蒔田は刀を手にしている。
「この狭さでは、首が刎ねられぬ」
「ならばご覧じろ。存分にさばいてお見せせん」
懐紙を巻いて短刀をにぎると、さすがに息が荒くなった。
腹をなでつつ、気息をととのえた。
釜の湯音が、闇のなかに凛々しい女の顔がくっきりとうかんだ
あの日、女に茶をの飲ませた。
あれからだ、利休の茶の道が、寂とした異界に通じてしまったのは。

本文より

次は2 「おごりをきわめ」 秀吉 24頁

                        ***






[PR]
by koshian-honpo | 2013-01-10 14:26
【利休にたずねよ】に 秘められた京を愉しむ     〈序〉   
2009年 第140回 直木賞受賞作
                  「利休にたずねよ」    
                  著者 京都市在住 山本兼一
                  発行 PHP研究所 定価:本体1,800円 

a0191852_21501962.jpg
      


発行当時新聞紙上の書評に惹かれ早速購読。  
豊臣秀吉の治世下、美を探究し続ける茶人利休の生涯と、
その原点にあった若き日の秘められた恋を描く。

茶道の精神世界の広がりや、独特の所作、質素な茶花など・・・。
利休好みの狭い空間で茶を点てる侘びの美しさと相反して、強烈なしたたかさなど
読みながら想像する楽しさが詰っている。
また構成が面白く、憎い。
利休切腹の刻からはじまり、若き日に遡るところが見事読者を引き付けて離さない。
私は試しに一度
終章から反対に読み返しましたが、全く面白くないのに気付きました。
この本はやはり遡るからこそ味のある内容になっている。

勿論利休と絡みのある京の寺院・武将・墓所などもここに登場させたいと思っています。


a0191852_21191136.jpg

my picture           〈利休が好んで使っていた、赤楽茶碗 贋作絵〉


昨年から京都太秦の東映京都撮影所が5年ぶりに自社企画映画として製作されています。
待望の時代劇 太秦に熱気 と12月25日の新聞紙上に!
主演「千利休」に 市川海老蔵が!
公開は12月の予定?


つぎは 「死を賜わる」  利休 7頁
[PR]
by koshian-honpo | 2013-01-08 22:09
【アリゾナからの手紙】          太平洋を越えて嬉しいX'masカード
a0191852_20411445.jpg

                 〈USAアリゾナ州フェニックスから1月4日に届いた封書)

この 〇〇さんは既に2011年6月に、こしあん本舗に登場していますが、
再度、異国からの
優しく嬉しい日本語の手紙を紹介します。

平成17年(2017)6/29に 
一期一会の出会いでしたが、その後8年も交流が続きとても嬉しいものです。
人間はどの国で生まれようとも、一人ひとりは大宇宙の星・地球上の一人類です。
お互い手を繋ぎ合い、協力し合えるよういつも心から願っています。


まさに今、日本は米国・中国・韓国・北朝鮮とのせめぎ合いの中
政権交代で大変大事な一年がスタートしました。
平和で穏やかな生活が続けられますよう祈るのみです。



a0191852_20423159.jpg

                         〈届いたX'masカード〉

a0191852_204342.jpg

                      〈同封戴いた〇〇さんと姪のお二人)


a0191852_20471335.jpg

          〈内容はなかなか理解しにくいですが、わざわざ翻訳ソフトを使って下さっています〉




                            ・・・・・☆・・・・・

a0191852_14564426.jpg


a0191852_1457129.jpg


                 〈8年前に頂戴した〇〇さんの自筆イラストはがき2題〉

                             

                             ~~ ☆ ~~


a0191852_1565745.jpg



a0191852_1572154.jpg

                   〈後日手紙に自己満足墨絵2題を同封しました〉





私も英語では手紙は書けず、翻訳ソフトを使っていますので、
〇〇さんもさぞ上記の日本語と同じように読み辛く、理解しにくいと思っていますが
この手紙でも7割ほどはなんとなく分かりいつも心に響くものを感じます
[PR]
by koshian-honpo | 2013-01-06 20:36
【新春 嵐山散歩】       渡月橋定点撮影  嵐山亭  嬉しいXmasカード      
a0191852_15143294.jpg

                 〈愛宕山からの北風が吹き降ろし、寒々とした渡月橋でした〉
                            1月4日am10:30


[我が家のお正月]
元旦  いつもの京風お雑煮を食べ、近くの「車折神社」へ初詣!

2日  長男夫婦と孫二人、長女一人(旦那出勤)が遊びに来て
    裏の河原で、孫の好きな野球・紙製グライダー・昔懐かしいライトプレーンを飛ばし、
    家では、トランプ・かるた・子供用卓球で思いっきり楽しく遊び。
    夜は長女と私達二人が、正月恒例・我が家ルールのマージャンを夜中まで!

3日  昼まで熟睡、その後夜遅くまで食べてはTV観賞の連続~~~遅くに長女は帰宅。

4日のきょうは私達二人が運動不足にて嵐山散歩へと・・・
            最近になって1時間ほど散歩によく出掛けています。
            今年から、なるべく毎日続けようと言い合っていますが?
            さてさて。

a0191852_1283850.jpg

                   散歩の帰りに、たまに寄る中ノ島「嵐山亭」
                   美味しい にしん蕎麦をいただきました。



~~~~~

わが家に帰ると、8年前のお客様で現在も翻訳ソフトにて文通が続いている、
USAアリゾナ州フェニックスの「リサ・L」さんからX'masカードと近況が届いていました。
a0191852_16181283.jpg


いつも開封するのが楽しみです。

(私は以前からソフトにて英語に翻訳していました、リサさんからは最初英文でしたが
         最近はソフトにて日本語で手紙・メールが届きます)


             
[PR]
by koshian-honpo | 2013-01-04 16:08
初詣  【車折神社】     今年は例年より多い長蛇の列!  元旦
温かな日差しが心地よかったので
自宅から徒歩5分、 近場の車折さんへお参りしました。

a0191852_11231377.jpg

                          〈本殿前 参拝者の列〉
                     
a0191852_11152613.jpg

                            〈手水舎から〉
                       ・・社務所をこえての列でした・・

                             

                             ・・・☆・・・


a0191852_11242056.jpg

                           〈境内に佇む芸能神社〉
a0191852_11381799.jpg

            
a0191852_1139974.jpg

             〈あらゆる芸能・芸術の祈願所で、千社札が天井や柱に貼られている〉



                              ・・・☆・・・
a0191852_12152892.jpg

                            〈仲間由紀恵さん〉
a0191852_12172446.jpg

                       〈宮川大輔・ケンドーコバヤシさん〉
上記2枚は神社HPより他はMy photo




a0191852_1125787.jpg

ここ車折神社では、石造りの玉垣と朱塗りの板玉垣があります。

  「玉垣」とは、
本来常世と現世の境界でもある神域としてはっきりと区別されるように
生垣・石柱などで区分されていた。

最近は上記写真のように奉納されると、名前を朱塗りのうえから黒で
氏名や芸名を筆書きされ、2年間玉垣として境内を美しく彩られている。



a0191852_1125536.jpg


a0191852_11263629.jpg


このかたがたの他に
友近・山村紅葉・チュートリアル・船越英一郎・ぐっさん・スザンヌや
宝塚歌劇団員他有名人が多く奉納されています。



今年は今まで以上に、素晴らしい一年でありますよう
皆様が思いをよせてお参りされていた雰囲気が印象的でした。
[PR]
by koshian-honpo | 2013-01-03 11:04
【お正月に静かなお薦め処】   5ヶ寺        平成25年(2013)
a0191852_1459646.jpg




                        ***・・・☆・・・***



「大原三千院」
a0191852_1751576.jpg

                            〈往生極楽院〉

a0191852_1723230.jpg

                           〈華厳音愛の手水鉢〉

a0191852_172411.jpg

                             〈童地蔵〉





三千院 塔頭
「実光院」
冬にも桜が咲いています!
a0191852_17293150.jpg

                       〈抹茶を戴きながら窓越しにお庭を〉

a0191852_17295867.jpg

                              右下に桜が!
                     〈静寂そのもので借景を含めた台杉と・不断桜〉







後水尾天皇 幡枝離宮跡
(その後現在の修学院離宮へ移られた)
「円通寺」
a0191852_21223895.jpg

                           〈皇室御紋の十六菊〉
a0191852_2163984.jpg

                           〈比叡山借景アップ〉
a0191852_17363141.jpg

                           〈御簾越しのお庭〉






西賀茂 比叡山借景の
「正伝寺」
a0191852_17414887.jpg

                         〈正伝寺へのアプローチ〉
a0191852_1031111.jpg

                           〈当時からの梵鐘〉
a0191852_1741061.jpg

                    〈ここは京都盆地西北端からの比叡山借景〉








奥嵯峨

平清盛の寵愛を失った白拍子の祇王が母の刀自と妹の祇女を伴って剃髪し、
この地に隠棲したことにちなむ。
「祇王寺」
a0191852_17483857.jpg

                       〈渋い竹垣の祇王寺入り口〉
a0191852_1748615.jpg

                〈凛とした空間に、配置よく藁葺屋根の本堂・苔・楓の庭園〉


My Photo
以上5ヶ寺は 以外に人が少なく静かな佇まいでお薦めです。




  
[PR]
by koshian-honpo | 2013-01-01 16:50