京の旅あれこれ【こしあん本舗】
coshian.exblog.jp
ブログトップ
<   2014年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧
【京のここ何処でっしゃろ?】  第11回     自分好みの撮りたて画像より
「京都観光文化検定試験」が始まってから、ずっと御当地検定が増え続けています!
全国津々浦々、どこにでも〇〇検定と名をうたって広がってきています。

そこで私なりのカメラアングルで
「京都のいい処」 を穴場も含めアップしようと思っています、
興味のある方は、どうぞ何処か当てて下さい。

 難易度  ★★   
 新鮮度  ★★★   
 心地度  ★★

a0191852_219698.jpg

                           〇〇神社の正門です



a0191852_22333728.jpg

ここ南門が正門ですが西門がよく正門と間違われています

 
さて、ここは何処でしょうか?


正解は第12回の【京のここ何処でっしゃろ?】で!


第10回の正解は
「法観寺・八坂の搭」

法観寺(ほうかんじ)は京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺院。
街中にそびえ立つ五重塔は通称「八坂の塔」と呼ばれ、周辺のランドマークとなっている。
境内は狭く、塔以外に目だった建築物がないことから、「八坂の塔」は寺自体を指す通称ともなっている。

五重塔 は 永享12年(1440年)の再建で、高さ49mで東寺、興福寺の五重塔に次ぐ高さをもつ純和様で本瓦葺の建築である。
中心の礎石は592年創建当初のものが残っておりそのまま使われており。
初層内部には大日如来を中心とする五智如来像を安置され、塔は重要文化財に指定されています。

拝観は不定期で、主にシーズンの土日に集中しています。

wikipediaより
[PR]
by koshian-honpo | 2014-07-30 21:00
【京のここ何処でっしゃろ?】  第10回  自分好みの撮りたて画像より
「京都観光文化検定試験」が始まってから、ずっと御当地検定が増え続けています!
全国津々浦々、どこにでも〇〇検定と名をうたって広がってきています。

そこで私なりのカメラアングルで
「京都のいい処」 を穴場も含めアップしようと思っています、
興味のある方は、どうぞ何処か当てて下さい。


 
 難易度  ★★   
 新鮮度     
 心地度  ★★★

a0191852_16241383.jpg

       この搭の名称は?


a0191852_16394112.jpg



ねねの道から眺めた五重搭のアングルです。

さて、ここは何処でしょうか? 


正解は第11回の【京のここ何処でっしゃろ?】で!


第9回の正解は
「大雲院・祇園閣」

大雲院(だいうんいん)は、京都市東山区にある浄土宗系単立寺院。本尊は阿弥陀如来。
寺内は通常は非公開である。通称:銅閣寺または銅閣と呼ばれている。

祇園閣 - 1928年(昭和3年)に建築された3階建ての建物で、大倉喜八郎が別邸とし建てた
「真葛荘」の一部である。屋根は銅板葺きであるが、
これは大倉が金閣、銀閣に次ぐ銅閣として作ったためである。
祇園祭の鉾を模したもので、国の登録有形文化財に登録された。
wikipediaより
[PR]
by koshian-honpo | 2014-07-29 16:19
【京のここ何処でっしゃろ?】  第9回    自分好みの撮りたて画像より
「京都観光文化検定試験」が始まってから、ずっと御当地検定が増え続けています!
全国津々浦々、どこにでも〇〇検定と名をうたって広がってきています。

そこで私なりのカメラアングルで
「京都のいい処」 を穴場も含めアップしようと思っています、
興味のある方は、どうぞ何処か当てて下さい。


 
 難易度  ★★★★   
 新鮮度  ★★★   
 心地度  ★★★

a0191852_15131581.jpg



a0191852_15163349.jpg

祇園祭の山鉾ではありません!
寺院拝観して、境内にあるこの閣上から街中や東山周辺を眺められますが、特別拝観時期のみです。

さて、ここは何処でしょうか? 


正解は第10回の【京のここ何処でっしゃろ?】で!


第8回の正解は
「長楽館」
明治時代の実業家で「煙草王」と称された村井吉兵衛の京都別邸として建設されました。
外観はルネッサンス様式を基調にしていて、1階部分が石張り、2階及び3階部分がタイル貼りになっています。
京都の迎賓館として華やかな集いの場となっていた長楽館ですが、その名前の由来は、
伊藤博文が 木戸孝允の墓参の際、完成したばかりの長楽館へ滞在し、窓からの眺望に感銘し、
遍額に「長楽館」と記したことに由来しています。

長楽館への著名な訪問客は、
英皇太子ウェールズ殿下、米副大統領フェアーバンクス、米財閥のロックフェラー、
それに山県有明、大隈重信等が挙げられます。

HPより
[PR]
by koshian-honpo | 2014-07-27 15:04
【京のここ何処でっしゃろ?】  第8回    自分好みの撮りたて画像より
「京都観光文化検定試験」が始まってから、ずっと御当地検定が増え続けています!
全国津々浦々、どこにでも〇〇検定と名をうたって広がってきています。

そこで私なりのカメラアングルで
「京都のいい処」 を穴場も含めアップしようと思っています、
興味のある方は、どうぞ何処か当てて下さい。

 難易度  ★★★★   
 新鮮度  ★★★   
 心地度  ★★★★

a0191852_11161466.jpg



a0191852_11163784.jpg



a0191852_11165620.jpg



a0191852_1128526.jpg

この画像のみ公式HPより                        「部屋の一部」

さて、ここは何処でしょうか? 


正解は第9回の【京のここ何処でっしゃろ?】で!


第7回の正解は
「石塀小路」
a0191852_11105884.jpg


この辺りは以前圓徳院の庭内でした、明治時代に入り個人が開発した住宅地で
土地を堀り削って道を通し石垣を連ねているのが特徴で、
数寄屋風の瀟洒な家々には石段を上って入る。   ・・・・・京都検定公式テキストブックより
[PR]
by koshian-honpo | 2014-07-26 11:01
【京のここ何処でっしゃろ?】 第7回     自分好みの撮りたて画像より
「京都観光文化検定試験」が始まってから、ずっと御当地検定が増え続けています!
全国津々浦々、どこにでも〇〇検定と名をたうって広がってきています。

そこで私なりのカメラアングルで
「京都のいい処」 を穴場も含めアップしようと思っています、
興味のある方は、どうぞ何処か当てて下さい。

 難易度  ★★★   
 新鮮度  ★★★   
 心地度  ★★★★

a0191852_1056546.jpg

                       涼しそうな夏の着物姿でお二人が〇〇小路へ! 





a0191852_10482550.jpg

東山区下河原辺りの一角です

さて、ここは何処でしょうか? 


正解は第8回の【京のここ何処でっしゃろ?】で!


第6回の正解は
「嵯峨・広沢池」
周囲1Kmの大池で、はるか西方に嵯峨野の山々 そして遠くに霊峰愛宕山の眺めの
のどかな良さを今も残しています。

突き出た観音島には11面千寿観音が!
[PR]
by koshian-honpo | 2014-07-25 10:43
写真展【石佛 藍の世界】  御礼!   お陰さまで盛会にて終了致しました
a0191852_17132487.jpg





a0191852_22105366.jpg

                   石佛も感謝!感謝!の気持ちだと思います




a0191852_22112234.jpg

弟・豊嗣は故郷である、京町屋の風情ある 鍵善良房ギャラリー で個展ができ感慨深かった事と思います
私からも御来場頂いた皆様、そしてご親切に応援して頂いた友人の方々に心から御礼申し上げます。

酷暑のなか、またご遠方からもお越し頂き誠に有り難う御座いました!

兄より。
[PR]
by koshian-honpo | 2014-07-24 22:04
【京のここ何処でっしゃろ?】 第6回    自分好みの撮りたて画像より
「京都観光文化検定試験」が始まってから、ずっと御当地検定が増え続けています!
全国津々浦々、どこにでも〇〇検定と名をうたって広がってきています。

そこで私なりのカメラアングルで
「京都のいい処」 を穴場も含めアップしようと思っています、
興味のある方は、どうぞ何処か当てて下さい。

 難易度  ★★   
 新鮮度  ★★   
 心地度  ★★★

a0191852_20432339.jpg



                  ・・・☆・・・


a0191852_20434943.jpg





a0191852_20582452.jpg

                       サスペンスドラマでよく登場する観音島です

a0191852_11154999.jpg


さて、ここは何処でしょうか?


正解は第7回の【京のここ何処でっしゃろ?】で!


第5回の正解は
「大本山妙心寺」
朱の山門 ・仏殿  
大徳寺の「金毛閣」も朱の山門です。
[PR]
by koshian-honpo | 2014-07-22 20:34
【京のここ何処でっしゃろ?】  第5回    自分好みの撮りたて画像より
「京都観光文化検定試験」が始まってから、ずっと御当地検定が増え続けています!
全国津々浦々、どこにでも〇〇検定と名をうたって広がってきています。

そこで私なりのカメラアングルで
「京都のいい処」 を穴場も含めアップしようと思っています、
興味のある方は、どうぞ何処か当てて下さい。

 難易度  ★★★   
 新鮮度  ★★   
 心地度  ★★★

a0191852_17262590.jpg

色はです!
よく似た山門はほかにもありますが



a0191852_1726562.jpg

広大な境内にどっしりと、この仏殿そして見えていないが後に法堂が!
臨済宗です、境内はみんなよく似ていますが。

さて、ここは何処でしょうか?


正解は第6回の【京のここ何処でっしゃろ?】で!


第4回の正解は
「斎明神社」
神明造の本殿・御神木・正面から末社を  

御祭神は天照大神 
859(貞観1)の旧跡で現在の本殿は1771(明和8)に建てられたもの、
[PR]
by koshian-honpo | 2014-07-21 17:22
写真展【石佛 藍の世界】 いよいよ始まりました  作品の一部です! 〈Ⅱ〉
a0191852_15223842.jpg

                               「空 鍵屋」 
                             祇園・鍵善良房ギャラリー 

a0191852_20201580.jpg


a0191852_2021275.jpg




a0191852_20213750.jpg



                ・・・・・☆・・・・・


a0191852_2022739.jpg




  《再度ご案内》 

a0191852_17132487.jpg



Cyanotype PROCESS    
           〈サイアノ タイプ プロセス〉
2014 .07.18 (Fri)~ 07.23 (Wed) 11:00~18:00
(初日14:00~18:00 ・ 最終日11:00~15:00まで)
  
鍵善良房ギャラリー 〔空・鍵屋〕
京都市東山区祇園町南側花街570-107

a0191852_1713497.jpg




19世紀半ばに発明されたサイアノタイププロセスという写真印画技法で、
特徴である藍色の濃淡を生かし、石佛の姿や景色を表現してみました。
石佛は意外と身近な処に存在しています。が、しかし見逃しがちです。
大昔から里山や路傍のかたわらで我々庶民を見守り続けてくれる石佛
たちを再発見するいい機会になればと願う次第です。

以上弟の・・・「個展」案内状より・・・
[PR]
by koshian-honpo | 2014-07-19 20:18
写真展【石佛 藍の世界】 いよいよ始まりました  作品の一部です! 〈Ⅰ〉
a0191852_15223842.jpg

                               「空 鍵屋」 
                            ぎおん・鍵善良房ギャラリー 

a0191852_15243858.jpg





a0191852_15251238.jpg





a0191852_15255724.jpg



                                
                 ・・・・・☆・・・・・


a0191852_15262683.jpg



                          


  《再度ご案内》 

a0191852_17132487.jpg



Cyanotype PROCESS    
           〈サイアノ タイプ プロセス〉
2014 .07.18 (Fri)~ 07.23 (Wed) 11:00~18:00
(初日14:00~18:00 ・ 最終日11:00~15:00まで)
  
鍵善良房ギャラリー 〔空・鍵屋〕
京都市東山区祇園町南側花街570-107

a0191852_1713497.jpg




19世紀半ばに発明されたサイアノタイププロセスという写真印画技法で、
特徴である藍色の濃淡を生かし、石佛の姿や景色を表現してみました。
石佛は意外と身近な処に存在しています。が、しかし見逃しがちです。
大昔から里山や路傍のかたわらで我々庶民を見守り続けてくれる石佛
たちを再発見するいい機会になればと願う次第です。

以上弟の・・・「個展」案内状より・・・
[PR]
by koshian-honpo | 2014-07-19 15:32