京の旅あれこれ【こしあん本舗】
coshian.exblog.jp
ブログトップ
【心地よい春のおとずれ】  1  大覚寺・大沢の池
a0191852_16343812.jpg

                         大覚寺境内の〈大沢の池〉

この池は中国の洞庭湖を模した、嵯峨院庭園の遺構で、「小倉百人一首」で有名な大納言藤原公任の
「滝の音は絶えて久しくなりぬれど名こそ流れてなお聞こえけれ」に詠まれた名古曾滝は
古くからの名所で、近年発掘調査成果に基づき遣水が復元整備され、「大沢の池 附 名古曾滝跡」として国の名勝に指定されている。



2月12日 、今大流行のインフルエンザも夫婦共々完治したので、春の心地よい風に吹かれたいと、
いつもの大沢の池へ散歩にでかけました。


a0191852_16445858.jpg

                        〈梅林内  白梅の蕾ふくらむ〉


a0191852_16451947.jpg

                              〈蓮の群生〉
       

a0191852_16453659.jpg

                        〈梅林内  紅梅の蕾ふくらむ〉


つぎは「梅宮大社」
[PR]
by koshian-honpo | 2013-02-14 16:41